軽トラックに初採用されたロボタイズドMTとは

最近の自動車ニュースで、「軽トラックで初めてロボタイズドMTを採用」というものがありましたが、このロボタイズドMTとはどんなものでしょうか。

自動車のミッション(変速機)には一番ベーシックなマニュアルトランスミッション、そして一般的にオートマと呼ばれるトルクコンバーターを用いたオートマチックや、ギアではなく金属ベルトを用いたオートマチックのCVTなどいろいろな種類が存在します。

このロボタイズドMTというのは、名前の通り、ロボットのMT。これだと意味が分かりませんが、ロボットが操作するマニュアルトランスミッション(以下MT)です。
仕組みとしては、ミッション自体はMTと同じでクラッチもあります。普通のMTはドライバーが速度に合わせて自分で適切なギアを選択し、ギアを変速する際はクラッチを操作しなければなりません。この時うまくクラッチ操作をしないとエンストしてしまいます。
今の日本ではこの操作を敬遠してオートマチック車を選ぶ方が大多数になってしまっていますが、このロボタイズドMTはこのMTのクラッチ操作と変速をロボット(コンピューター)が自動で行ってくれる仕組みになっています。
そのためクラッチは付いてはいますが、ドライバーが操作をすることは無いためクラッチペダルはなく、オートマチックと同じくアクセルとブレーキの2ペダルです。
そのため、日本ではオートマ限定免許の人でも運転する事ができるのです。

このロボタイズドMTのメリットは、オートマチックと比較してシンプルなMTと部品が共用できるため簡単でかつ低価格で作れること、そして燃費も、MT車をドライバーが操作するよりも適切なタイミングで変速出来るため、燃費も優れるのがメリットです。
実際、元からマニュアルトランスミッション比率の高い欧州車の採用例が多い状態です。

今回軽トラックとしては初採用となったロボタイズドMT。商用用途や農業漁業など仕事で使われ燃費性能だけでなく耐久性も求められる車種のため、今後の市場の反応が楽しみです。
デミオ 買取

実際にエンジン音を確認する

今回は自動車を運転する際の安全についてです。

中でも最も重要なエンジンについてお話したいと思います。

エンジンは人間で言うと心臓にあたります。

その心臓の調子が悪いと何事もうまく行きません。

つまり車を運転している自分が危険にさらされるだけでなく、周辺にまで危険を与えてしまう事になりかねません。
そんなことにならない為に普段からしっかりチェックする事が大切です。

まずはエンジンがスムーズにかかるかどうかも大切です。
また、かかった後、不安定なリズムが聞こえたり、振動がいつもと違う、変なにおいがするなど、普段との違いを感じ取れるようにクルマに乗る時は普段のアイドリング音(エンジン音)を聞いておきましょう。

アイドリングに違いがあればその時は何事も無くても念のため整備工場に出すのが懸命です。
毎日使うクルマですから、一歩間違えば大惨事になる事も考えられますので、セルフチェックで安全なドライビングを心がけましょう。
カーチス 買取 流れ

和歌山での車買取りについて

車買取業者は、全国的に見ると都心部には集中していますが地方ではそれほど店舗の数がありません。そのため、車を処分したいと考えていても満足できるような金額にならず、他に業者が見つからないので妥協して売り渡しているという人も少なくありません。
和歌山でも比較的車買取業者は集中しているところと層でないところがはっきりしており、同じ和歌山内であっても業者選びが自由にならないという地域もたくさんあります。こういった場合には、遠方の業者に依頼して相見積もりを取ってみるのも良いでしょう。
車買取り業者の中には、無料で出張見積を行っている業者がたくさんあります。もちろん、引き取りも無料で行っていますので、こういった業者も候補に含めるとかなりの選択肢がでてきます。和歌山ならばほぼ全国どこからでも見積もりに来てもらえますので、一括見積もりサイトなどを利用するのもよいでしょう。一括見積もりとは、車種や走行距離、年式などの簡単な情報を入力するだけで、見積もり可能な複数の業者から簡易の見積額の連絡をもらうことができるシステムです。これを利用することで、おおよその買取金額を比較することができ、高額で見積もってくれた業者に出張してもらって正式な見積もり金額をきくという流れになります。もちろん、正式な金額が納得できなければ、買取をキャンセルすることもできますので安心です。面倒な名義変更などの手続きも代行してもらえます。